HOME  >  研究活動  >  Academic Research Fellow

Academic Research Fellow

当社の研究活動を支えるフェローをご紹介いたします。

野口 裕之野口裕之 Academic Research Fellow
Hiroyuki Noguchi

1952年大阪府生まれ。東京大学教育学部教育心理学科卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程中途退学、教育学博士(東京大学)。名古屋大学教育学部助教授、名古屋大学大学院教育発達科学研究科教授などを務め、2017年4月より同大学名誉教授。
専門はテスト理論、言語テスト。研究テーマは、項目応答理論における尺度の等化、日本語教育におけるテスティング、ラッシュ・モデルを用いたパフォーマンス測定の尺度化、言語能力基準の開発など。
主要論文に、『共通受験者デザインにおけるMean & Sigma法による等化係数推定値の補正』、『推定母集団分布を利用した共通受験者法による等化係数の推定』、『外国語としての日本語能力測定を支えるテスト理論』、『日本語能力試験における級間共通尺度構成の試み』、『Can-do statementsを利用した教育機関相互の日本語科目の対応づけ』など(いずれも共著)、主著に『組織・心理テスティングの科学』(白桃書房)、『テスティングの基礎理論』(研究社)、『組織心理測定論』(白桃書房)、『項目反応理論』(東京大学出版会)、『研究社日本語教育辞典』(研究社)など(いずれも共著・分担執筆)がある。
2011年度日本テスト学会学会賞を受賞。